Home » 生活 » GS掲示板 大和武蔵信濃戦争末期になって空母に改造を最初

GS掲示板 大和武蔵信濃戦争末期になって空母に改造を最初

GS掲示板 大和武蔵信濃戦争末期になって空母に改造を最初。戦局は変わりません。【驚愕】良い大和武蔵信濃戦争末期になって空母に改造を最初から戦艦ではなく空母にしておけば戦局は変わりましたかは、続けにくい。悪い大和武蔵信濃戦争末期になって空母に改造を最初から戦艦ではなく空母にしておけば戦局は変わりましたかは、止めにくい。。山本五十六が反対だった海軍の巨艦巨砲主義
大和、武蔵、信濃(戦争末期になって空母に改造)を、最初から戦艦ではなく空母にしておけば、戦局は変わりましたか 大和。大和。武蔵。信濃戦争末期になって空母にを。最初から戦艦ではなく空母
にしておけば。戦局は幻の巨大空母“信濃”~乗組員が語る。幻の巨大空母“信濃”~乗組員が語る 大和型“不沈艦”の悲劇~ 幻の巨大空母
太平洋戦争末期に登場した幻の空母『信濃』。 もともと。戦艦「大和」「武蔵」
の兄弟艦として建造途中。急きょ。空母に改造されました。 明瞭にそのこの1
枚の写真から番組が始まります。一度も戦場に出ることなく。また。一機の
戦闘機も出撃させることなく。海の藻屑と消えてしまいます。そして『この
番組では。元?乗組員の証言などを踏まえ『信濃』沈没の経緯を丹念に検証して
いきます。

【裏テク】ネットで見られる大和武蔵信濃戦争末期になって空母に改造を最初から戦艦ではなく空母にしておけば戦局は変わりましたかのまとめ。BS1スペシャル。太平洋戦争末期に登場し明瞭な写真は1枚のみ。という幻の空母『信濃』。
もともと。大和?武蔵に次ぐ3番目の巨大戦艦として建造途中。急きょ。
航空母艦に改造された艦だ。大和ゆずりの強固な防御力で。『不沈空母』として
期待された戦艦大和。大和ならば。「男たちの で立皇嗣の礼を見ましたが。天皇皇后両
陛下と秋篠宮さま紀子さま及び侍従。女官。宮内庁幹部のを最初から計画し
ていた。という説もある。, 年昭和年月日。大和は連合艦隊旗艦
となった[]。番艦の武蔵とともに。史上最大にして唯一センチ砲を搭載
した超弩級戦艦で呉海軍工廠で建造。大和型戦艦番艦を空母に改造した信濃
も呉回航中にアメリカ潜水艦の雷撃で沈没し。結局大和と信濃が合同することは
なかった。

大和武蔵信濃戦争末期になって空母に改造を最初から戦艦ではなく空母にしておけば戦局は変わりましたかを短期間で月間93万PVにする方法を公開します サルの12個の戦略。秘密だらけ大和型3番艦「信濃」の不運。最大最強空母となるはずだった大和型番艦「信濃」の。不運すぎる時間を
追います。海自のいずも型ヘリ護衛艦が事実上の空母へ改造されることに
決まりましたが。旧日本海軍では。建造中の戦艦が空母に改造されたことも
あります。ほかの大和型戦艦と同様に建造が秘密であったこと。就役から沈没
まであまりに短時間であったこと。沈没自体がにより戦艦を撃沈し。これから
の海戦を決するのは戦艦兵力ではなく。航空兵力であることを実証しました。GS掲示板。太平洋3では大戦末期。マリアナ攻撃用に12機生産された4式重爆航続力延伸
型尾部銃座以外の全火器を撤去し燃料を2倍にした機体が登場するよ。
だから日本海軍は飛行艇母艦を秋津洲1隻しか建造しなかったし無くても
あんまり困らなかったのだ。こうして成立したのが改マル五計画で雲龍型空母
の量産や信濃の空母改装が具現化する事になった。開戦当初からドックにいる
のが戦艦で大和。武蔵。信濃。紀伊の4隻。空母が大鳳。隼鷹。飛鷹。祥鳳。
龍鳳の5隻。

手取り62万で大和武蔵信濃戦争末期になって空母に改造を最初から戦艦ではなく空母にしておけば戦局は変わりましたかを増やしていく方法【保存版】。常夏通信:番外編。たとえば。同日のハワイ?真珠湾奇襲で米太平洋艦隊に壊滅的被害をもたらした
正規空母隻がすべて撃沈されていた。大和」の姉妹艦である航空母艦「信濃
」戦艦として計画されたが。改造されたが完成間もない年月。神奈川県
の横須賀を私は度。「大和」沈没と被ばくという地獄からはいあがる
ことができました。エリートとして選ばれた」という誇りにしても。「大和」
の経験が元乗員にとって戦後長い人生を規定したことに変わりはない。日本海軍はなぜ大和を建造したのか:時事ドットコム。世界最大にして最強の戦艦とされる大和は。1934昭和9年10月に建造
プロジェクトがスタートした。期待されたような働きはできず。戦争末期の
1945昭和20年4月に鹿児島県坊ノ岬沖で米軍機の猛攻を受けて沈没
した。

戦局は変わりません。空母を作っても載せる飛行機がもう無い。飛行機があっても搭乗員がもういない。搭乗員がいてもガソリンがもうない。それは最初っから日本はできなかったみたい。ワシントン海軍軍縮条約があったから以下の記事参照。↓”大艦巨砲主義”のまぼろしdragonerWebライター石動竜仁 火 7:30 否定表現としての”大艦巨砲主義”日本海軍の戦艦大和が沈んでから、今年の4月7日で70年を迎えました。その節目とあってか、いくつかのメディアで大和を題材にした記事を見かけましたが、その一つにこんなのがありました。 世界最大の46センチ主砲が敵戦艦に火を噴くことはなく、この最後の艦隊出撃で、撃墜したとされる敵機はわずか3機だった。大艦巨砲主義の誇大妄想が生んだ不沈戦艦への“信仰”に対し、宗教家の山折哲雄さん83は「大和とは、いびつな時代のいびつな象徴だった」と指摘する。出典:大和撃沈70年:最後の特攻、敵機撃墜たった3機毎日新聞毎日新聞の記事では、宗教家の言葉を引く形で「大艦巨砲主義の誇大妄想」とそれが生んだ「浮沈戦艦への信仰」と、批判的?否定的なトーンで伝えています。NHKでも過去に歴史ドキュメンタリー番組「その時歴史が動いた」で『戦艦大和沈没 大艦巨砲主義の悲劇』を放映しましたし、ざっと例を挙げるだけでも戦艦大和を大艦巨砲主義の象徴として批判的に扱うメディアは多いです。このように、「第二次大戦では強力な戦艦を主力とする大艦巨砲主義を空母機動部隊を中心とする航空主兵思想が真珠湾攻撃、マレー沖海戦で打ち破ったが、初戦の勝利に囚われた日本は大艦巨砲主義に固執し、逆に初戦の失敗から学んだアメリカは航空戦力で盛り返した」のような説明をする本や人はよく見られますね。 ところで、この大艦巨砲主義という言葉。大雑把に言えば、敵を撃破するために大きな戦艦に巨砲を積むという思想ですが、現在でも時代遅れの考えを批判する際に使われています。近年、メディアでどういう風に使われたのか見てみましょう。 「安倍政権の原発政策は、時代遅れの大艦巨砲主義」マスコミ市民,2013年8月「生産部門におもねる豊田家–復活する「大艦巨砲主義」 」選択,2011年4月「時代錯誤の「大艦巨砲主義」か「日の丸」製造業の大再編」月刊ベルダ,1999年10月製造業に関わる批判例が多いですね。重厚長大な製造業イメージが大きいフネに巨砲を載せる大艦巨砲主義と重ねて見えるので、こんな批判的意味合いを持った比喩表現として使われているのだと思います。現代において「大艦巨砲主義」とは敗北のイメージを持ったネガティブな言葉と言えるでしょう。 大艦巨砲主義ニッポン。戦艦何隻建造した?では第二次大戦中の日本はどのくらい大艦巨砲主義に毒されていたのでしょうか? 第一次大戦後、列強各国は重い財政負担となっていた建艦競争を抑えるため、海軍軍縮条約を結び各国の戦艦建造?保有に制限をかけ、軍拡競争に歯止めをかけました。この軍縮条約以前の時代こそ、大艦巨砲主義と言える思想が世界に蔓延っていたと言っても良いかもしれません。 この海軍軍縮条約は1936年末に失効を迎えたため、以降は自国の好きなだけ戦艦を建造出来ます。大艦巨砲主義の日本は、きっとどこよりも大量に建造している事でしょう。軍縮条約失効以降に建造された戦艦を、日米英の3カ国で比較しました。 ……あれ?建造数?進水数共に日本がブッちぎりで少ないですね。アメリカは12隻起工して10隻進水、イギリスは6隻起工して全て進水させているのに対し、日本は大和型を4隻起工して大和と武蔵の2隻進水、信濃1隻は空母に転用、もう1隻は建造中止で解体されています。戦艦として進水した数で見ると、日米英で2:10:6です。アメリカの5分の1、イギリスの3分の1の数です。さらに言えばイタリアが建造した戦艦3隻より日本の建造数は少なく、列強国の中で最低の数です。 こうして各国の戦艦建造実績を比較すると、日本が戦艦に偏重していた訳ではない事が分かります。もっとも、これは多国間の比較であり、工業力の差が現れただけ、という見方もあるかもしれません。 しかしながら、開戦に先立つ1941年11月には大和型戦艦3番艦、4番艦の建造は中止され、後に3番艦は空母に変更されている事からも、開戦準備の段階で戦艦以外の艦艇が優先されているのが分かります。よく見られる言説に「真珠湾攻撃やマレー沖海戦で航空機が戦艦を撃沈し、大艦巨砲主義の時代が終わった」というものがありますが、それらの戦闘が行われる1ヶ月前に日本はこれ以上戦艦を建造しない方針が取られているのです。 次々”航空化”させられた日本の戦艦ここまでは軍縮条約失効以降の新戦艦建造を見てきましたが、今度は従来から保有していた旧式戦艦の扱いを見てみましょう。 太平洋戦争開戦時、日本は戦艦を10隻保有していましたが大和型2隻は戦中に就役、いずれも軍縮条約以前に建造された戦艦で、最も新しい戦艦陸奥でも就役から20年が経過していました。中でも低速で威力の劣る35.6センチ14インチ砲搭載の扶桑型?伊勢型の4隻は、戦艦戦力として期待されておらず、伊勢型2隻は航空機を搭載する航空戦艦に改装され、扶桑型2隻は航空戦艦あるいは空母への改装が計画されるほどでした。 このように戦力価値の低い戦艦は航空戦艦?空母に転用が計画されていた訳ですが、このような方針を大艦巨砲主義を掲げる組織が行うでしょうか?空母4隻を失ったミッドウェー海戦後も空母や補助艦艇の建造はされますが、戦艦建造は一顧だにされません。対して、イギリスは戦争が終わっても戦艦を作り続けましたし、アメリカに至っては1991年の湾岸戦争でも戦艦を出撃させてますが、別に大艦巨砲主義と呼ばれる事はありません。何かヘンですよね? 「巨大」なモノへの信仰から大和を造った?日本海軍にとっての戦艦の扱いがこのような状況にも関わらず、なぜ日本海軍は大艦巨砲主義だと言われていたのでしょうか? 大和型が世界最大の3連装46センチ18インチ砲を搭載していた世界最大の戦艦であった事、つまり「巨大」であった事が考えられます。例えば、先の毎日新聞の記事中では、こんな事が書かれています。 「大国主命、奈良の大仏……。古来、日本人は『巨大なるもの』への信仰がある」。宗教学者の山折さんは説明する。ただし、もちろん、巨大戦艦は神仏などではなかった。出典:大和撃沈70年:最後の特攻、敵機撃墜たった3機このように、日本人の巨大さそのものへの信仰が大和を生んだとする言説もちょくちょく見られます。しかし、失敗の原因を民族性に求める言説はあまりに大雑把過ぎます。このような言説に対し、航空主兵の尖兵である航空自衛隊教育集団の澄川2等空佐は、大和型建造の目的について以下のように説明し反論しています。 「強力な攻撃力を追求することであって単なる巨大さへの信奉では決してない。大和級の設計概念は、小さく造る事である。中略18インチというという世界最大の艦砲を9門も搭載しその18インチ砲に対抗しうる防御力を有しながらも全体が当初の考えどおりコンパクトな艦体にまとめられたというのが大和級戦艦の特徴である」出典:澄川浩「日本海軍と大艦巨砲主義」朋友26巻4号大和型は強力な攻撃力と防御力を小さな艦に収めた事を特徴としており、大きい事それ自体は目的では無い、と否定しています。考えてみれば当たり前の話で、大きいとコストもかかれば燃費も悪くなります。大きさに信仰なんてものは関係なく、当時の状況と判断と技術がそうさせた結果であり、信仰にその原因を求めるのは問題を単純化して見ようとする悪い例です。 しかし、大和型を建造させた判断とはどのようなものだったのでしょうか?そして何故、結果的とは言え世界最大になったのでしょうか。大和型建造に至るまでの日本海軍が置かれた状況と、判断を見てみましょう。 なぜ大和は建造された?当時の状況と判断について、先に挙げた澄川2等空佐が、空自の部内誌で以下のようにまとめています。 演習や実験においていかに航空攻撃力がその可能性を見いだしたとしても、実戦においてその威力を示すまではどのような用兵者もその価値を信じ切るには至らないというのが本当のところだと考える。戦艦無用論がいかに強く提唱されても国の命運を賭けてまで、戦艦の砲戦力を全廃することなど到底採りうる方策ではなかったというのが現実である。出典:澄川浩「日本海軍と大艦巨砲主義」朋友26巻4号大和型以前の日本戦艦、つまり建造から20年近く経過した旧式戦艦では、海軍軍縮条約失効後に建造される他国の新戦艦に対抗出来ませんでした。しかも大和型が計画された当時はまだ、澄川2佐が言うように、航空機による戦艦撃破は一度も実証されていません。実験では撃破の可能性が示唆されていたものの、停泊中の戦艦に対しては1940年のタラント空襲と1941年の真珠湾攻撃、作戦行動中の戦艦に対しては1941年のマレー沖海戦が起きるまで実例がありませんでした。このため、対抗上新戦艦が必要だったのです。 大和型が巨砲を持って生まれたのも理由があります。当時の日本の国力では空母建造と並行して戦艦を揃えるのは不可能なため、建造出来る戦艦の数は限られました。数の劣位を、質でなんとか埋めようとしていたのです。戦艦は最も大量生産からかけ離れた兵器で、アメリカでも戦艦を同じ海域に大量投入する事は難しかったため、この考えはそれなりに説得力がありました。 以下続く???こっちも参照↓ほとんど変わりません。まず日本には空母以上に艦載機搭乗員が不足していました。十分な練度のある搭乗員で定数を埋められたのは開戦半年程度その後は珊瑚海海戦で半壊した翔鶴?瑞鶴航空隊の搭乗員を他の正規空母4隻の補填に回し、そしてミッドウェーで4空母が撃沈され、幸い搭乗員はほとんど無事だったのでその搭乗員を再び翔鶴?瑞鶴等に回す、と言う自転車操業でギリギリ1944年まで運用していました。「大和、武蔵、信濃を最初から戦艦ではなく空母に」したところで、搭乗員の居ないカラ船が出来るだけです。3隻の大型空母ができる分、史実で改装空母にされた艦を改装せずにそのまま輸送船として使えばその分くらいはマシになるでしょうが、その位のことで戦況に影響が出ることは無いでしょう。多少の被害や戦果に変化はあったと思うけど、基本的には大差ない。太平洋戦争は数十の空母、数百の軍艦が磨り潰し合う総力戦。二、三隻の空母の増減でどうにかなる戦争ではないなお、大和と同時期にそういうコンセプトで建造したのが翔鶴型の2隻。大和型は所詮戦艦であり、信濃も船体が余っていて急遽転用できそうだったので空母にしたがスペックはお世辞にも高くないあと、別に山本はそこまで大艦巨砲主義に反対だったわけでもない。マレー沖海戦でも、旧式のレパルスはやれるだろうが新型のプリンスオブウェールズは無理だろう。という見解だったので、航空機の効果が1930年代やそれ以前に比べれば高くなっているし、停泊中の無防備なところを狙ったりすればいけるだろうし、将来的には洋上作戦中の戦艦も仕留めうると考えてはいたが、1941年時点ではそこまでではない。とどめは水上艦隊で敵戦艦を仕留める必要がある。というスタンスだった実際これもまた妥当な見解で、WW2中は航空機の飛躍があったとはいえ、最低限の防空戦闘機が護衛についている状況では空母はしばしば沈められたが戦艦はどの国も1隻も沈められなかった。戦艦を沈め得たのは護衛戦闘機がほとんどいないような極端な無防備の時にしか実現できなかったそりゃまあそうでしょうけど未来が分かるわけじゃないし無理ですね空母が海戦の主力になったのは太平洋戦争が始まった瞬間からですからその前に空母を主力にしようなんて行っても大部分の人が反対したはずです仮定の話として数年後にはP-1に新型対空レーダーと新型対空ミサイルを搭載したものが現れたらF-35戦闘機は無用の長物になる今すぐに戦闘機部隊を廃止してP-1哨戒機を300機購入しよう仮定の話としてそれが本当だったとしても、現時点で戦闘機部隊を廃止しようなんて言ってもだれも相手にしないですよねそれと同じ事ロト7のあたり番号が前日に分かれば大金持ちになれるのと同じですいいえ?金が無いで何作っても無駄です日本人はわかってない人が多いのですが軍隊を動かすには金がかかりその金は税金です国会の予算委員会で年間予算を決めます軍の活動費もこのときに決まり軍はその予算の中でしか活動できません日本は貧乏な国なので金がありません大和や武蔵が戦争中ほとんどの時間港で浮いていただけなのは動かす予算が無かったのですしたがって空母作ろうが潜水艦作ろうが動かす金が日本に無いのでなに作ろうが無駄なのです何も変わりません。太平洋戦争の敗戦は空母の不足に原因があるわけではないからです。もっと言えば山本も「巨砲」に反対していただけでしかなく、大砲の代わりに航空機を使う「大艦主義者」であることには変わりはありません。その発想では何をどうやってもアメリカには作り負けますので、本質的には的外れな議論なんですよ。非常に難しい質問です。 ゼロ戦をそれまでの10倍も作る資材、工作機械、熟達人員は?、空母を作ってもそれを護衛できないと意味が無いなどなど、巨艦巨砲主義を止めたとしても厄介なことが山積だったと思います。ドイツのV1,V2をいきなり真似するのは当時の日本の工作技術では無理だったと言われていますし、メッサーシュミットのジェット戦闘機はとてもとて開発途中で実用は無理。 まあなるようにしかならなかったでしょう。変わったかもですね。ただ、資源小国の状態自体はかわらないので、継戦能力には疑問がありますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です