Home » ペット » 証言者が激白 本当に演習用兵器のことなのであれば非常事態

証言者が激白 本当に演習用兵器のことなのであれば非常事態

証言者が激白 本当に演習用兵器のことなのであれば非常事態。アメリカ軍陰謀説を信じる人が多いのを見てると、日本は反米思想が根強いんだなと感じます。【レビュー】本当に演習用兵器のことなのであれば非常事態を知らせるスコーク77の直後に発したこの単語は墜落の主因と考えるのが普通ではないかと思います!美的に見える全70通りとそのコツの解説動画。日航機墜落事故の原因について、さまざまな説があり、その一つに自衛隊が演習中に誤って当該機を損傷させ墜落に至ったというものがあります

その説の根拠として、ボイスレコーダーでのやり 取りの中で、演習用兵器を指す「オレンジエア」という言葉が機長からはっせられているという指摘があります 公式発表では「オールエンジン」となっていますが、明らかに違います
本当に演習用兵器のことなのであれば、非常事態を知らせる「スコーク77」の直後に発したこの単語は墜落の主因と考えるのが普通ではないかと思います

そこで「オレンジエア」という単語を調べてみたのですが、不思議なのは、Googleで出てくるのが全て日航機墜落の記事だということです
ためしに「オレンジエア "日航機" "123便"」で検索したら全く関係のないサイトしか出ませんでした
つまり、自衛隊の演習に関するネット上の情報のどこにも「オレンジエア」という単語は見られなかったのです
もしかして、これは「落寸号令雷」などと同じ、仮説のために捏造された単語なのではないでしょうか

どなたか、「オレンジエア」を自衛隊の装備と結びつける情報をお持ちでしたら、どうぞお寄せください 日航機123便墜落事故の真相。1985年8月12日お盆の乗客で溢れかえる東京羽田発大阪伊丹行のジャンボ
ジェット機が 墜落し。多くの犠牲者を出した。 事故調査委員会の報告によると
ボーイング社の修理ミスによる圧力隔壁の破壊が原因の墜落事故

6万円のベストセラー本?1日18分本当に演習用兵器のことなのであれば非常事態を知らせるスコーク77の直後に発したこの単語は墜落の主因と考えるのが普通ではないかと思います法?が凄すぎる!。確認の際によく指摘される項目。で購入 日航便墜落の真相が。ここにあります。 ↓ ②便の機長
が「スコーク外敵による非常事態」を発信。そして。数年たって。本屋
さんの店頭で見かけるようになったのが事故調査委員会の発表に納得の行かない
方々の本でした。私はこの日航機墜落事件が起きた後に生まれたものですが。
たまたま山崎豊子さんの本をきっかけにこのことを知り。色々調べるうちに
あまりにも当時の事故調査報告に対する疑問の声が多く。それに応えるために
原因が日航123便墜落事故原因に迫る新事実。1985年8月12日。日航ジャンボ機便は。なぜ御巣鷹の尾根に墜落し
なければならなかったのか──。「この出来事を風化させてはならない。」三十
三回忌を前に。その情熱が生んだ。真相究明に一石を投じる渾身の

ブレーク62?ある仮説?8月12日に捧げる?。<JAL123便墜落事故御巣鷹山事故について> 1985年の日航機墜落
事故。あなたは事故調の「圧力隔壁破壊」を鵜呑みにしていませんか? この事故
にはこれだけの疑惑があるのです。自衛隊機に衝突した。というのが有力説「証言者が激白。。羽田発大阪行きの飛行機で酸素マスクが飛び出す事態となった
。機長も緊急事態信号スコークを発信。心配されていたものの無事に緊急着陸
した。のちにダクトの破損が原因だとわかったが。だれ人被害者はでなかった。

アメリカ軍陰謀説を信じる人が多いのを見てると、日本は反米思想が根強いんだなと感じます。我が韓国でも、セウォル号の沈没事件は、アメリカ軍の潜水艦が原因だと思う人が多いですよ。自衛隊ではなくて、アメリカ軍ではないですか。大体にしてそもそもの仮定論として、自衛隊が民間機を撃墜なんてなったら国の内外問わず「大問題」になると思うんですけどね?それ以前になぜ自衛隊が自国の、しかも「民間航空会社」の「民間機」を仮想敵機に見立てなければならないのかの理由も説明してましんよね、件の人物は?オレンジ色の飛行物体を目撃したパイロットが、とっさに「 オレンジ?エア 」と言ったのではないでしょうか?誤って、ではありません。意図されていたんです。正しくはそれは自衛隊ではなく、アメリカ軍がです。「プラザ合意 日航機」で検索してください。ついでに「中曽根」もキーワードに加えてみて。簡潔に、この件に関して不信感を持つものです。過去の知恵袋回答には、オレンジエアとは、アメリカに実在した航空会社の社名で、何年か前に破綻しているとありました。これは、事実です。また、自衛隊関係者と思われる回答には、オレンジエアは、海上自衛隊関係者のみで使う隠語で、一般的には知られていないもので、疑惑の模擬ミサイルのことであると回答がありました。これは、自衛隊関係者かわからないし、事実かはわかりません。過去の知恵袋回答にはあります。探して見てください。ボイスレコーダ音声の該当の部分が「オールエンジン」に聞こえないことは、俺にだってあります。ですが、俺はその部分が間違いなく「オールエンジン…」と発言されていると考えています。なぜなら、ボイスレコーダ音声は音響解析にかけられ、機械的に発話を特定する作業を経ているからです。事故調査報告書に載せられている文字記録は、その結果です。その上で言いますが人間の脳と耳はいい加減なもので、耳に入った音声を思い込んだとおりに修正した受け取るなどする機能があります。ですから、俺はこの件について質問者様の耳や「違う言葉に聞こえる」と主張する人の耳だけでなく、俺自身の耳も疑っています。人間も思い込みや曖昧な部分を全て排除した機械解析の結果である「オールエンジン…」で間違いがないのです。質問者様も、この件についてはご自身の耳を疑って下さい。間違った音声に聞こえるのは当然のことで、「自分の耳が悪いのでは?」と恥ずかしがることではありません。その上で、質問者様が仰るように「オレンジエア」という単語をインターネットで検索すると、本事故の陰謀論を主張するサイト以外で航空?軍事関連のものが出てこないのは事実です。これは航空?軍事の用語として「オレンジエア」という言葉が実在しないことを示唆していると考えるべきです。ハッキリ言いますが、事故原因が別にあるという主張で「オレンジエア」なる用語が出てきたのは、せいぜいここ10年くらいのことです。それ以前に本事故の陰謀論を主張する書物を調べると、どこにも「オレンジエア」という単語は出てきません。その上で、標的機衝突説の第一人者である角田四郎氏は、事故機に衝突した物体の色を「白」と主張しています。この最初期の標的機衝突説にも「オレンジエア」という単語は出てきません。本事故の衝突説では、衝突した物体の色を「黒」とする別の説もあります。もちろんここにも「オレンジエア」という用語は出てきません。初期の頃にあった「事故現場にオレンジ色部品があったからミサイルにやられた」という説にも、「オレンジエア」という用語は出てきません。ここまで言ってもまだ「オレンジエア」といあ用語の存在を信じるなら、それはそれで勝手です。ですが、それでは永遠にこの事故の真実にたどり着けないことは明記しておきます。さらにこんな衝突する物体の色がコロコロ変わっている話を聞いて、「いい加減な話」だと思えませんか?もちろん、俺の作り話と判断するのも勝手です。ですが事実はひとつ、何かの衝突説には真実はありません。圧力隔壁の破壊は「説の一つ」ではありません。冷徹なまでの科学的な調査と解析によって「判明した事実」です。この事実は様々な基地の科学的事象と合致しますし、生存者証言とも合致する内容です。そしてこの「判明した事実」に対して、否定する公式な手続きをした専門家学者などは世界のどこにもいません。これはこの事故に関して、「説」の域を出ていない他の主張との大きな違いなのです。ここを勘違いしてはいけません。圧力隔壁の破壊を発端に事故が起きたことに異を唱えるならそれなりの根拠が必要だけども、それがないということです。ハッキリ言いますが「私は圧力隔壁説の支持者ではありません」と自分が信じる説と異なる説から耳をふさぐだけでは、質問者様は永遠に真実にたどり着けません。圧力隔壁を発端する事故だという真実を疑うなら、その内容から逃げるのでなく、その内容をキチンと調べ、分からないところは勉強し、正しく理解することです。その上でないと、どこがおかしいのかすら正しく認識できません。自分が正しいと思う説を疑い、自分が誤っていると思う説をキチンと知る。これが出来ない人は、永遠に真実にたどり着けません。俺だって事故調査報告書を疑い、これを否定するために報告書の内容を時間を掛けて呼んでいるうちに、この内容こそが真実だと知ったのですから。自衛隊の護衛艦「まつゆき」は引き渡し前で公試中だった。公試は機関全速で何ノットでるかなどの船としての性能試験であってミサイルを使うような試験はない。そもそも自衛隊に引き渡し前に武装させるなんてあり得ない。標的機を飛ばすには訓練支援艦「あずま」が必要だが当日は広島の呉にいたので標的機をとばせる艦が存在しない。根本的に標的機をオレンジエアなどと呼ぶ慣例はない。以上から自衛隊の標的機が衝突した説はありえない。執拗に自衛隊を犯人にしたがる勢力があるようだがこの点を理論的に説明しない限り単なる陰謀論の域をでない。そんなの嘘ですよ。まさか信じちゃったんですか?私も圧力隔壁説は疑問だと思っています、生存者の落合さんが急減圧は無かったと言っているし、操縦席でも酸素マスク付けましょうか?などと緊迫した様子が見られません。何かがぶつかったのが原因のように思います、2.3年前にどこかの報道機関が相模湾で当機の垂直尾翼の一部らしいという物を見つけましたがまだ引き上げられていません、故意に引き揚げて居ないのかも知れません、引き上げると原因がバレるかも?尚このJAL機の後ろをF4ファントムが2機飛んでいたと言う説も有ります、これも疑問です?君相当舐めとるな!ぐうの音がでなくなったら逃げるんですね!とりあえず事故の犠牲者と遺族に謝れや!陰謀陰謀ってこの時期になると蒸し返しやがって!恥を知れ!<この時期になると何とかの一つ覚えの質問者が出るのはなぜ?まあせいぜい物理的に証明してくださいよ!オレンジエアなんぞ存在しないし撃墜や空中接触ならその場でバラバラになって落ちとるわ<cha******さんの画像の飛行機は飛行しているように見えますが。 07:46違反報告<magus30030どこまでおめでたいんだかねwB17とB747機体の構造から何から全く異なるし同じ扱いするって幼稚園児かよwあとオールエンジンとオレンジエアどう間違えるんだよw 08:00取り消す質問者ID非公開<一般論として「空中接触した飛行機はその場で落ちる」と言っているわけではなく、B747は「空中接触したら落ちる機体」であるということですね。どのあたりがそういう違いを生んでいるんでしょうか? 08:07違反報告<magus30030ちなみにあれはオールエンジン?エアって言っているわけで???意味は全てのエンジンとエアー酸素を確認しろと機長が指示しているだけです!まあ頭の悪い人にはオレンジエアに聞こえるわなw 08:28取り消すmagus30030<あんたバカなの?B17とB747機体の構造から何から全く異なるって言ってますよ私は日本語わかります?空中接触したらB747はその場でバラバラになりながら落ちます!旅客機は皆同じ!雫石事故と同じ! 10:06取り消す質問者ID非公開旅客機はどういう構造上そうなるのか、と尋ねたのですが。だいぶ心の均衡を失っているようですので、他をあたります。各論に、いちいち答えるつもりは、ありません。ただ言いたいことは、こういう自衛隊が演習中に誤って当該機を損傷させ墜落に至ったという「説」を流すことで「得をするのは誰か」です。得をするのは、しりもち事故の修理が不完全だった、という事実を、責任を少しでも「話をそらす」ことで、追求の手から逃れられる、ボーイング社です。下からミサイルを撃って、高速道路を走るクルマよりも、はるかに速いスピードで飛んでる旅客機に、当たると思います?当たったとして、どれぐらいの確率ですか?猿でもわかるはず。空中衝突した場合は、写真のようなギザギザの跡になり、衝突物の塗料が必ず残ります。塗料は拭き取れるようなものではありません。日航機の場合は、別の飛行物体の塗料は確認されていません。相模湾に落下した垂直尾翼の一部もリベットから外れており、内部から空気の圧力で外れたとしか考えられません。機関士が「オレンジエア」と言った説は以下の点を説明できません。?機関士の席には窓がなく、機体後方を見る方法がない。後方のビデオモニターもない。気象レーダーでも小さな飛行物体は確認出来ない。?機関士が「オレンジエア」を見ていたとしたら、なぜ衝突前に報告しない。?機長が「オレンジエア」の内容を理解していない。なぜ繰り返して説明しない。?機長が最重要事項である「オレンジエア」を管制に報告していない。機関士も、報告するように進言していない。?機関士はエンジンの監視が主な役割。爆発音の後、一番疑われるのはエンジン。「オールエンジン」でなければ、機関士がエンジンの状況を報告していない事になる。自衛隊の無人標的機をオレンジエアと呼ぶ習慣は無いですよ、元々陰謀論が好きな人が作った架空のストーリーですから事故調査報告書でオールエンジンとされている部分は航空機関士の発言ですね、オールエンジンの部分は下線が引かれていて判読不確実となっていますその前に機長が「エンジン?」と発言していることから、航空機関士がエンジンに異常が無いかを確認し、その答えとして全てのエンジン正常を意味する「オールエンジン」と発言したのではないかと推測されたものですしかし、オールエンジンが100%正しいと断定できるほどではなかったために判読不確実となっていますつまり、オールエンジンの可能性が高いと判断したが当時の報告書の中でもその部分は間違っている可能性も認めた上で記載されているということです、元々断定していない部分なんです音声テープにはノイズも入っていますから人間の耳で聴いただけでは聞き取れなかったり別の言葉に聴こえることがあります、ですからオレンジエアと聴こえるとしても本当にそう発言したのかどうかは分からないんですよ。音声解析にも限界はありますからねオレンジエアという言葉は自衛隊にも日航にも使われていない用語ですし、航空機関士がオレンジエアと発言したのだとしたら前後の会話と噛み合わないですよね?陰謀論が好きな人はただ耳でそう聴こえるというだけで何とかして自衛隊の無人標的機と繋げようとしますが、元々そのような用語は無いのですからいくら探しても出てくるのは陰謀論系の本やサイトで根拠もなく書かれた情報しか出てこないと思いますよまず日航機墜落事故の原因についてボーイング社がしりもち事故の修理が不完全であった事を認めています。この事故についてはボーイング社のあるアメリカの「国家運輸安全委員会」も重視し、調査官など10人のスタッフを事故調査委員会に送り込んでいます。つまり日本の自衛隊が引き起こした事故の濡れ衣を、何の非も無いボーイング社に押しつけるためには、世界的巨大企業である同社だけでなく、アメリカ政府にもそれを呑ませねばなりません。 常識的に不可能です。この手の陰謀論者はこういうごく当たり前の疑問を持たずに、最初から陰謀ありきで考えるのがよく分かりますね。オレンジエア→オレンジ色の肩から被る救命胴衣のことでは?当時は中曽根総理ですね。彼の性格なら証拠隠滅で生存者を焼き殺す事はたやすいと言われています。遺体の損傷等???火炎放射機で2度焼きをした?現地での目撃証言???M氏の証言救助の遅れ???混乱等みな、全部???昔の以前から、過去質問と回答例では、多々!なのでね。非現実的!つまり、虚偽という事がね。オレンジ?エア?と言動をしたのは、誰なのか?故高濱機長なのか、故福田航空機関士の声なのか?航空機関士の席から、機体外での視界は?あえて 外の視界を見て居た?としたら 今度は今度で、航空機関士は 専用の各種計器類での確認での主業務をしては居なかった!という事での裏付け、裏返しになとなる!操縦席からは、機体後方での有視界の視界角度?見れるんか????ボイス?レコーダーでの音声記録での時系列では起承転結関連で 予想外 突然???機体後方での爆発音2度、または3度連続での短時間でで、警報音が即座に鳴り始めて???故高濱機長 まずい!何か爆発したぞ!故高濱機長 ギアみてギア故副機長 オール?エンジン?故福田航空機関士オレンジ?エア?オレンジ?エアー!というべきを オレンジ?エア?と言ってしまった可能性もある!ボイスレコーダーでの音声記録 時系列での起承転結からして事故発生前に ストレンジャー他機等での語句もなし何だ!あれは???何かこっちにと向かって飛んで来たぞ!等の音声記録もなし!正直機体断面積に対してたたが後部圧力隔壁ていどの面積で機内を風が荒れ狂うようなことが起きなくたって何ら不思議なことはありません。流体には固有の粘度があるとはいえ、蛇口にホースをつないで緩やかに水を流しているときでもホースの先を塞げば水は勢いを増しますね。しかし一定の時間に流れる水の量は蛇口の開き加減が変わらない以上変わりません。これと同じように機体の断面積より遥かに小さな破孔が空いたところで、客席はそれより離れているため強い風を感じるとかそういうことはなかったと推定できます。なお、音声記録の解析は周波数解析により行われ、何人かで「ああ聞こえた」「こう聞こえた」とやるのではなく、何秒のところで何ヘルツと何ヘルツの音が成分として含まれるから、これは「あ」と言っている。とか、「い」と言っている。ということがわかるようになっています。しかも、いくつかの声のサンプルがあれば、その周波数から「これは誰々の声だ」と言うところまでわかります。声紋鑑定と同じことをしているわけです。墜落の原因に自衛隊が直接関わっているとは思えません。ただ、圧力隔壁が壊れて、垂直尾翼2/3を吹き飛ばしたと言う点は疑問です。と言うのも真っ直ぐ空気が噴出したなら、強靱な構造の垂直尾翼が壊れる前に、テールコーンが吹き飛んでしまうのでは。垂直尾翼が大きく壊れたなら、元々構造の欠陥だったと言う事では。本来速やかに耐空改善命令が発せられてしかるべきでは?と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です