Home » 留学 » 愛情の限界で 私たち家族を信仰を利用して絶対服従させ絶対

愛情の限界で 私たち家族を信仰を利用して絶対服従させ絶対

愛情の限界で 私たち家族を信仰を利用して絶対服従させ絶対。宗教洗脳の悲劇です。Googleの検索効率がものすごく上がる私たち家族を信仰を利用して絶対服従させ絶対的権力者として君臨し続けまともな親として与えるべき愛情を子供に与えず長年にわたって浮気をし妻と子供たちを欺き続け傷つけそれでも何とも思っていないあの汚らわしい人間をもはや自分の父親だとは思えないの検索技16個まとめ【良質】。創価学会の永遠の5指針なるものが、数年前に確か発表されたような気がするが、その中の「一家和楽の信心」????これはハッキリ言って、この世に存在してはいけないものだと思う つまり、活動家の創価学会員の家庭では、家族全員が学会に入会し、家族そろって学会活動をしよう ということだ

これは、「家庭崩壊?親子関係の崩壊」を招くだけだ

子供に対しては、信心を継承させるだかなんだか知らないが、子供の人権を無視し、思想を縛り付けることにより自由を奪う行為であるのは、間違いない

子供は親から愛情を注いでもらい、安心して自分の未来を切り開いていけるように、自信と希望を持って生きていく権利を、誰もが平等に生まれながらにして持っているはずだ

この「人間として自由に生きる権利」という領域には、たとえ親といえども、過剰に介入してはいけないはずだ

それなのに、創価の歪んだ思想?行動を刷り込まれ、将来は学会の中で生きていきなさいと親が勝手に決める????これは人権侵害だ

ましてや、「自分たちの信心が一番正しくて、他はすべて間違っている 他のものは信じちゃいけない 見てはいけない 私たちの師匠を尊敬しなさい 」なんて、カルトという以外に、この状態を何と説明すればいいのか????

こんな中で育てられて、まともな人間が育つわけがない

我が家のように、両親も親戚もそろってバリ活一族なら、ちょっとでも違う考えを持ち込もうとすると、「反逆者」「頭が狂った」という扱いを受けるのだ

私が脱会してやったら、自分の父親から「ついに頭がおかしくなった」「頭が割れた」「大変なことが起きる(とんでもない仏罰を受けるという脅し)」など、愛情とは程遠い、罵倒の言葉をあびせられた

冷静にこのような親の姿を見て、あきれるやら、恥ずかしいやら、腹立たしいやらで、どうにも心が落ち着かない

もっとも、父親の場合、完全に「父オリジナル学会」のようなものを作り上げてしまっているようだが???

昔組織でかじった教学を得意げに振りかざし、自分では自分の信仰を貫いているとカッコつけていたが(というか、すでにこの時点で創価学会員とは名乗れないと思うが)、自分が仏法の軌道から外れていることに気が付かないでいる哀れな人????それが父親の現在の姿だ

そういえば、私が脱会したことを両親に告げにいったとき、「もうこれ以上やりたくない」と私がハッキリ言うと、両親は「もう大人なんだから強制なんかしないよ」と平然と言ってのけた

両親はあたかも、自分たちは今まで一度も強制なんかしたことありませんよ、という体を装っていた

実際、彼らはそう思っているのだろう

だが、どこをどうしたら、両親の頭の中がそうなるのか、どこで思考回路が自分達の都合のいいように組み替えられてしまうのか、本当に理解できない

人間の頭の中は、自分達に都合のいいことしか残らないように、記憶が整理されてしまうものなのだろうか

幼少のころより、ずっとずっと36年間も創価と信心に縛り続けてきたのは、お前らだろうが

ハッキリ言って、自分たちの思想を強引に強制することは、そんなものは親のエゴだ 傲慢だ

その責任を追及されると、「俺たちじゃなくて、お前が自分で望んだからそうしてきたんだろう」と、罪をなすりつける

わたしは、父親のことは間違いなく捨てるだろう

私たち家族を信仰を利用して絶対服従させ、絶対的権力者として君臨し続け、まともな親として与えるべき愛情を子供に与えず、長年にわたって浮気をし、妻と子供たちを欺き続け、傷つけ、それでも何とも思っていないあの汚らわしい人間を、もはや自分の父親だとは思えない

父親のどのような言い訳も、弁解も、全く無意味だ

おそらく、私がわが子に対して感じる「愛おしい」という感情と同じものを、あの人間は私に対して、一度も感じたことがないだろうと思う

おそらく、私がこの世に誕生してから一度も????

母に関しては、私に対する愛情はもちろんあると思う

そして、いつの日か、母には私の生きてきた苦しみの時間のすべてを理解してほしいと思っている

母なら、きっと理解してくれる???と信じたい

できれば、そこだけは信じたい

すくなくとも、母が信心を脅しの道具として使ったことは一度もなかったように思う

活動に没頭するあまり、私たち子供のことに関しては、ほとんど無関心な母親だったが???

過ぎ去ってしまった時間はもう取り戻すことはできないが、私がどんな思いで生きてきたのか、そのことは絶対に母には理解してもらいたい

「なかったこと」には絶対にできない

何もしないで、私の中だけで許すことも絶対にできない

私は、実際に傷ついて36年間も生きてこなければならなかったのだから

創価学会をどう思いますか

http://himitunoheya2 cocolog nifty com/blog/2014/02/post fe48 html永遠に変わらぬ家族の大切さ。教会の教義がどのように家族を中心に構成されているのか,バラード長老が説明
します。

8年で5回の資金調達(総額$35M)を成功させたわずか1枚の私たち家族を信仰を利用して絶対服従させ絶対的権力者として君臨し続けまともな親として与えるべき愛情を子供に与えず長年にわたって浮気をし妻と子供たちを欺き続け傷つけそれでも何とも思っていないあの汚らわしい人間をもはや自分の父親だとは思えない。第。そうした北 方特有の人文主義思想下。信仰によって社会改革を促そうとした
コレットとエラスムスもまた。 子どもの中に宗教性を認め。あるべきキリスト教
社会建設の担い手とみなしたのである。以下 に紹介するコレットやエラスムスの
言葉日本社会における「父性原理」再考。父性原理では。 社会的に良しとされるもの。あるいは強いとみなされるものだけ
を認めることで。わが子の個を確立 させ。鍛えることを目標にしている。それに
対して。母性原理では。どのような子どもであろうとり捨 てたりはせず。すべて愛情の限界で。テキスト。笹野正和 「それでも。家族は続く」信田さよ子。『思想地図』
所収は。家族関係の構築の仕方に重要な示唆を与えるテキストだろう。それは
家族の建て直しの原理を。無制限の愛情による回復にだけ

私たち家族を信仰を利用して絶対服従させ絶対的権力者として君臨し続けまともな親として与えるべき愛情を子供に与えず長年にわたって浮気をし妻と子供たちを欺き続け傷つけそれでも何とも思っていないあの汚らわしい人間をもはや自分の父親だとは思えないに年923万使うオタクが選ぶ!値段の63倍得する本62選。?圧倒的権力者?親たちが犯すとんでもない失敗。ほとんどの親は。親であることに甘えています。なぜなら。親は圧倒的な権力者
だからです。それに対して。子どもは弱い存在です。子どもは全面的に親に頼っ
て生きているので。親に見放されたら生きていけません。で…12。人間の苦しみと愛の神の存在とを矛盾なく理解しようという問題は。私たちが愛
という語に通り一遍の意味を付している限り。つまり人間クリスチャンになっ
た当初。私は自分だけで信仰者としてやっていけると思っていました。過去を
消し去り。道をなだらかにし。いかなる代価をも払い。新しい出発を与え。
あらゆる奇跡的な助けの手を差し伸べることか?もしあなたが自分を本当に
心地よく感じさせる宗教を欲しているなら。私は間違いなくキリスト教はお勧め
しない。」

宗教洗脳の悲劇です。あなたのご両親は間違っています。「親のせい」です。創価学会も間違っています。「池田大作氏のせい」です。創価学会員として、悲しくて、悔しくて、情けないです。怒りに、体が震えます。「人を育てる」ということがわからない大人が増えました。嘆かわしいです。なんのための宗教なのか、それすらもわかっていない大人達の責任です。5指針ねえ。お金公明党の票他人の悪口、陰口嫌がらせ盗聴、盗撮情報泥棒これ以外に指針なんてないでしょう。創?学会は勧誘のしつこいアフォ集団ですよ!創価学会員です。信教の自由が保障されているので、するもしないも貴方次第です。貴方が信用出来ないなら、しなければ良い。親のせいにするな。父方の祖父母が創価学会員です。それ以外の家族は一切、学会と関係ありません。長男である父と、父の娘で病気もちの私は「しゃくふく」をうけているようですが、会合等に出かけた事もありません。せいぜい「ジジババ孝行」として選挙に協力する事と、聖教新聞を入れられても黙って受け取るくらいだけです。祖父が亡くなった折は、祖母が健在でしたので、父が手伝い創価学会式の葬儀をし、えらく遠方の学会墓地とやらにも納骨しました。祖父を納骨して以来、学会墓地には私は一度も行ってません。祖母よりも、父が先に亡くなりましたが、母の希望によりキリスト教式で父の葬儀は行いました。父は、中学時代に洗礼も受けているんです。多分、祖母の葬儀は創価学会式でやりますが、創価学会とはそれっきりの縁になる予定です。仏壇も墓もございますが、兄も弟も結婚しておらず、私は、曹洞宗のお寺に墓がある家に嫁いだので、それを引き継ぐ事も御座いません。宗教は個人の自由を貫いていますが、凄く面倒なことは間違いないです。毎回訳が分かりません。五指針は財務出せ票集めろ疑うな池田せんせー崇めろニッケン宗を滅ぼせでいいでしょう>幼少のころより、ずっとずっと36年間も創価と信心に縛り続けてきたのは、お前らだろうが!意味ないツッコミあと、笑いました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です