Home » アウトドア » 小説を読もう 昨今あらゆる創作に異世界や死後の世界平行世

小説を読もう 昨今あらゆる創作に異世界や死後の世界平行世

小説を読もう 昨今あらゆる創作に異世界や死後の世界平行世。現実の私たちは死後の世界へと至って後に戻り帰ることも、そこを垣間見ることも、比喩的表現でなければ有り得ないことです。昨今あらゆる創作に異世界や死後の世界平行世界地球外宇宙などの様々な世界観を舞台とした物語が溢れていますが以下の様な疑問がありますの体験談を語るわ【衝撃】。死後の世界や異世界について皆様の意見を募ります
昨今あらゆる創作に異世界や死後の世界、平行世界、地球外宇宙などの様々な世界観を舞台とした物語が溢れていますが、以下の様な疑問があります ?生きている人間が違う平行世界があるとして死後の世界の住民も内訳が異なるから平行世界の数だけ死後の世界が存在するのか
?地球外生命体も死んだら我々と同じ死後の世界に行くのか
?その他、上に挙げたさまざまな世界が存在するとして考えられる矛盾点や疑問点について
これらについて独自の世界観をお持ちのかた、SFやハイファンタジー小説の作家さんや、物理学、宗教学等の学者さんの意見大歓迎です また、参考になるような書籍や取り扱っている作品をご存じであれば紹介して頂けるとうれしいです なお、型月作品や有名どころの漫画アニメ、ファンタジー系RPGはあらかた押さえてます 想像する生き物“人”が生み出す正体不明の仮想現実。この想像によって派生した差異については。後の章「赤い服の メリーさん」で
詳しくとり上げることとする。 死兆星アルコル さて。「北斗七星」という
キーワードを前に想起されるのは。トルストイの物語

小説を読もう。万以上のオンライン小説。携帯小説を掲載している投稿型の小説サイトです。
小説検索。小説評価。ルビ?縦書き対応。高機能小説執筆機能など

現実の私たちは死後の世界へと至って後に戻り帰ることも、そこを垣間見ることも、比喩的表現でなければ有り得ないことです。ですから、死後の世界がどうなっているのかは全く理解の及ぶところではなく、『あらゆる平行世界のあらゆる惑星のあらゆる生命が、ただひとつの死後の世界に集められる』としても何らの問題はないはずです。ただし、こうした死後の世界は魂の坩堝とでも言うべき混雑度合いになるでしょうから、「出身世界?惑星?時代が同じ?近い」魂同士でその住居を同じく?近くしたり、あるいは、「平行世界の同一存在」映画『The One』参照をまとめ上げたりして圧縮をかけるなどの工夫があるのかもしれません。生まれ変わりを考えるならば、魂の総数の問題もこれで解消されるでしょう。人口増加で魂が不足することはなく、他の世界?惑星……恐らくは人口が減少しつつある「滅び行く世界?惑星」から、その魂を調達するのです。……昨今の個人主義の蔓延と多様化は、こうした「異邦魂」の割増によるものなのかもしれませんね。仏教は生まれ変わるというのが基本の考え方です。生まれ変わるのですから天国や地獄が現実とかけ離れた所に在ったのでは辻褄が合いません。天国も地獄も現実の世界で見ることができます。例えば金持ちの幸せな家庭に生まれる子供と、貧乏で親から虐待されるような家に生まれる子供、この違いが天国と地獄です。他には平和な国に生まれる子供と戦争が絶えないような国に生まれる子供、この違いも天国と地獄です。 日本人は死んで生まれ変わるまでの期間を「あの世」と考えているように感じますが、あの世がどうなっているかと言うと、夢を見ているようなものだそうです。前日に楽しいことがあれば楽しい夢を見、辛いことがあれば悪夢にうなされる。仏教では、生と死の中間は睡眠と同じであると説いています。睡眠を挟んでいても,昨日と今日が継続しているように、生と死も今世と来世は断絶しているのではなく継続しているのです。前日いやなことがあれば朝目覚めたとも気分が悪いのと同じで、前世も今世も来世も断絶しているのではなく、「あの世」を挟んで連続しているということです。テレビで前世のことを記憶している子供の特集番組を見たのですが、生まれ変わるまでに50年くらい要しているようでした。仏典によると成仏できた人は四十九日と言われていますが、地獄に落ちる人は何百年もかかるようです。ほとんどの子供は前世の記憶を持っていません。人間は強い衝撃を受けると記憶をなくすことがあるそうですが、出産という強い衝撃によって前世の記憶をなくすのではないか。其の中にあっても、たまに前世の記憶を残している子供がいるのではないでしょうか。前世の記憶を残している人は前世において暴力死、または事故死した人たちであるという研究結果がアメリカ心霊研究協会に残っているそうです。キリスト教は生まれ変わるという考え方は有りませんが、キリスト教国のアメリカ映画で生まれ変わるというのを題材にした映画が増えているような気がします。?生きている人間が違う平行世界があるとして死後の世界の住民も内訳が異なるから平行世界の数だけ死後の世界が存在するのす。死後の世界の初期段階です。死は突然に訪れます自分と言う存在は魂の方にあった事が解ります。肉体は貴方が動かすロボットのような物だったのです。肉体から霊体が離れて、自分は霊体の方に存在しているのが解ります。と言うのは自分が今まで寝ていたベッドの部屋の上から自分を見て、医師や看護師さんが下の肉体に慌ただしく何かをしている姿を見て自分が死んだ事を理解し死と言う物はこう言う事かとも理解します。死んでもしばらくはそのままの考え、思考力で魂として生きています。死ぬ5分前と5分後では何も変わらないと言います。その後、自分が死んだ事を認識しその事を色んな人に知らせようとしますすると思い出すだけでその知らせたい人の所に移動できる事が解ってきます。瞬間に移動します。そして、色んな人に自分の死を知らせて回ります。この時、受け取る側は「虫の知らせを受けた」とか言う表現の現象が起こっています。この時、時間も超えて移動できる状態にありますですから虫の知らせを受け取った時間が本人がまだ生きていたと言う現象も起こります。その後、時間も自由に移動できる事から過去に疑問に思っていた事も解決?意味を理解するなぜ、あの人は、あの時、私にあんな事を言ったか?等と言う事が理解出来るようになります。見たい物は、ほとんど全部見る事が出来なぜそうなったかと言う事や、他のほとんどの事が理解できる状態にまでなります。もうこれ以上見ておく物も無いと思うまでになります。そうすると、本人より先に死んだ人で本人がもっとも心の許せる人一番信頼できる人が、そばに来て「もういいですか?」疑問に思っていた事を全部解決しましたか?と言う意味です「これ以上確かめるものは無いですか?」「ついて来なさい」と言って手をさしのべてくれます。そして、その人と一緒に天国に行きます。この間こちらで言う所の49日と言う時間になりますがこの49日は正確では無いです。仏教がこの期間の事を目安として伝えただけです。この頃に死後覚醒が起こり肉体を持って生きていた時とは別の精神状態になって行きます。それまで歩んできた色んな人生を回想できるのもこの頃です。天国に行っても終わりませんここからが始まりです。天国の小学校の1年生に入学ですそこで、霊としての生活と勉強が始まります。生活は自分の望む生活で暑くも無く寒くも無く食べる物も着る物も何でも揃っている貴方が望む生活になります。高度に進化した文明では死後の世界が存在して自分の魂は永遠に存在し輪廻転生が起こっている事は常識になっていて子供の頃にしっかりと教育されるそうですよ!この先はまだまだ長いですのでこの辺で終わります。実際は有限だが無限にあると仮定した海の水を柄杓ですくった海水が霊魂死んだらまた海へ返して混じり合う死後に個はなく個は肉体に左右される死んで戻り混じり合う事で個は薄れるため、再び個に戻ったあと前世の記憶を持つことは稀海は星ごと次元ごと全てで一つ、何でもありありですね私も研究してきましたが、死んだら無です。ヒトは、物理的に遺伝子を残すか、思想や発明で遺作残すかしかないです。ホモサピエンス読んで下さい。1万年前の認知革命にヒントあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です