Home » お笑い » 基本負の数の平方根 √81と考えると負の平方根は無いはず

基本負の数の平方根 √81と考えると負の平方根は無いはず

基本負の数の平方根 √81と考えると負の平方根は無いはず。√81=81の平方根の正の意味=9。√81と考えると負の平方根は無いはずだからますます混乱してきましたを使って無料でサイトを立ち上げる方法【翻訳】。平方根についての質問です √81の平方根は9じゃないですか だから根号を使わず表しなさい =平方根を求めなさいと考えていました だから√81の平方根は9だから 根号を使わずに表すと9だから答えは9と けれど √81と考えると負の平方根は無いはずだからますます混乱してきました 単純に 9と答えればいい話なのですが なんか腑に落ちません 良かったらこの問題の考え方を教えてください √81と考えると負の平方根は無いはずだからますます混乱してきましたの画像をすべて見る。基本負の数の平方根。分数では表せないため。こうした記号 √ を使って表すのでした。 さて。基本
複素数で見たように。複素数の世界にまで数の範囲を広げましたが。平方根の
世界も同じように広げることができます。例えば。虚数単位

√81=81の平方根の正の意味=9-√81=81の平方根の負の意味=-9√ の記号を~の平方根と読み替える。正負は記号の前で判断。81の平方根は、±9平方根とルートの違いを確認しましょう。ていうか√81の平方根は9の平方根だから±3です。9ではありません。√81の平方根と言っている時点で間違い。81の平方根が、±√81=±9。文字で説明しようとせず、式がイコールなのか、イコールにならないのか考えるのが先決。「√81の平方根は」それを言うなら「√81は」あるいは「81の平方根は」では?√81=9なので、√81の平方根は±3である。81の平方根は±9である。x>0のとき、xの平方根は±√xである。質問者さんは、誤解をまねきにくくする「日本語の使い方」を練習した方がよいと思います※否定文の半疑問形とか「の」の多用とかは避けて、一つ一つの文を短くしましょう。 √81の平方根は9じゃないですか。はい。9じゃないですね。√81の平方根は±3ですね。 だから√81の平方根は9だからいいえ。√81の平方根は±3です。 けれど-√81と考えると負の平方根は無いはず例えば-√81と√-81はどちらも日本語では「負の平方根」と表現されることがありますが別の値です。>√81の平方根は9じゃないですか。ちがいます,81の正の数の平方根が9です。81の平方根は,√81=9と-√81=-9の2つです。√81は,81の平方根のうち,正の数の方を表します。>根号を使わず表しなさい=平方根を求めなさいと考えていました。間違いです。例:81の平方根を求めなさい。答+9と-9.または±9です。もちろん,+√81と-√81とこたえても,間違ってはいないでしょうが,テストなどで,○をもらえるかどうかは別です。>-√81と考えると負の平方根は無いはずだからますます混乱してきました。√-81ならば,2乗して-81となる数は,学習していませんから,混乱するのは当然でしょう。でも-√81は,2乗して81になる数√81で,「-」の方と考えてください。再度,平方根の定義を確認してください。それと,根号の使い方も。「-」がルートの前に付いているので、そもそもややこしく考える必要はありません。「√-81」とかになってくると複素数だのiだのというまた別の話になってきますがそれはいずれ学べ青年よ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です