Home » テクノロジー » 化学反応式と量的関係 これを見てパッとどちらが反応しきる

化学反応式と量的関係 これを見てパッとどちらが反応しきる

化学反応式と量的関係 これを見てパッとどちらが反応しきる。鉄:硫黄=7:4の質量比で化合するので、鉄の質量に対して硫黄の質量が少ない場合は、硫黄が全て反応すると考えることができます。TOEIC803点台でも895点を超えられる勉強法を一気にまとめてみた。中学化学です 鉄と硫黄が化合する質量の比は 7:4である 鉄9 8g、硫黄5 2gをいずれか一方の物質が完全になくなるまで反応させた 反応しないで残る物質とその質量を答えよ (答え)鉄、0 7g まず鉄9,8gと反応する硫黄の量を調べて、次に 硫黄5,2gと反応する鉄の量 と順に求めて…というやり方で解きました (鉄):(硫黄)=7:4となっていて 鉄9,8g 、硫黄5,2g これを見てパッとどちらが反応しきるとか判断できるやり方はありますか うまく考える方法があれば教えて下さい ジャージ。ひと昔前なら。スタイル別にみてもモダン。洋風。和風ぐらいの区分けで良かっ
たで頂ければホッとするところですが。たまには微妙な反応の時だって
あります。古いとかの意味ではなくって。パッと見あの家は年ぐらい前
かなってとして許容できるかを判断する設計者。工程や施工。材料の発注を
仕切る監督が

化学基礎。小柳先生 「中和反応で生じる塩は。正塩。酸性塩。塩基性塩という3つの
グループに分けることができます。どのグループに所属するかは。化学式を書け
ば。見てすぐに判断できるものなんです。」 塩は。化学反応式と量的関係。プロパン と酸素 のみを反応容器に入れて,プロパンを完全燃焼させ
た。このとき,反応後にプロパンまたは酸素のいずれが何余るか。 という問題
について,答えを求めるときに出てくるこれを見てパッとどちらが反応しきるとか判断できるやり方はありますかの画像をすべて見る。

鉄:硫黄=7:4の質量比で化合するので、鉄の質量に対して硫黄の質量が少ない場合は、硫黄が全て反応すると考えることができます。鉄の場合も同様にその際に注意する点が2つあります。① 鉄の質量が硫黄の質量の7/4倍に満たない場合→鉄の質量の4/7倍の質量の硫黄しか反応できない。② 鉄の質量が硫黄の質量の7/4倍以上の場合→硫黄は全て反応します。もちろん他にも様々な見方で考えることも可能ですよ。あくまで例の1つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です