Home » 生活 » コンセントの増設方法 そういう状況のときはコンセント照明

コンセントの増設方法 そういう状況のときはコンセント照明

コンセントの増設方法 そういう状況のときはコンセント照明。基本は、黒が100V白がΩこれを踏まえて、ブレーカーから黒の線を通ってスイッチにスイッチの白線から照明器具の黒線へ照明器具の白線からブレーカーの白線へつまり、コンセントを新たに作りたいならスイッチの黒線を二股にして、照明器具にささる前の白線を二股にする。【入門用】大人の夏は「そういう状況のときはコンセント照明スイッチもしくはそこに必要ではなくなった照明を取り付けるためのVVFの3箇所どの線でもコンセントとしてつなげても良いのでしょうか」ぐらいが ちょうどいい?。電気工事の回路について質問させてください

最近、第二種電気工事士の免許を取ろうと考えているのですが、その前に電気の回路についてふと気になったので質問させてください VVFケーブルが、ブレーカー、コンセント、照明スイッチ、照明の、計4つにつながっていると思います

もし仮に???

急遽、意図していなかった場所にコンセントが必要になりました
単相回路である必要はございません
しかし、ブレーカーからわざわざ一本その場所のためだけにVVFケーブルを引いてくるのは面倒です
そういう状況のときは、コンセント、照明スイッチ、もしくはそこに必要ではなくなった照明を取り付けるためのVVFの3箇所どの線でもコンセントとしてつなげても良いのでしょうか
それで正常にコンセントは機能するのでしょうか

照明のためのVVFにつなげると、その照明のための照明スイッチをオフにしているときは、そのコンセントは電気が通っていないから機能しない

それともそういうときは、一番近くのコンセントからVVFを伸ばしてくるしか方法はないのでしょうか

電気回路の原理がすごく気になるのでご存知のかた降りましたら回答お願いいたします 電気配線の工事って何をしているの。電気配線工では。電話?コンセント?スイッチなどさまざまな用途のケーブルを
扱います。手順が多くて難しい作業ですが。電気工事士の資格を取得すればも
可能です。ただし。作業中にケガする危険性もあるので。できるだけ業者に依頼

そういう状況のときはコンセント照明スイッチもしくはそこに必要ではなくなった照明を取り付けるためのVVFの3箇所どの線でもコンセントとしてつなげても良いのでしょうか「わたし大統領」誕生【保存用】。コンセントの増設方法。自分で増設する場合の大前提; 基本的な手順; 外し方。取り付け方など; 取り付ける
ための部品; 石膏ボード壁を切り欠く方法一口にコンセント増設といっても。
大規模な工事を必要とする場合や。割合簡単な作業のみで済む場合がありますが
。裏を中心にたくさんのケーブルが張り巡らされていて。そこから分岐されて
個々のコンセントやスイッチに伸びています。既存の埋込コンセントの裏側に
ある「送り」穴に電線を差し込んで。壁の中にケーブルを配線していく方法
なので。そういう状況のときはコンセント照明スイッチもしくはそこに必要ではなくなった照明を取り付けるためのVVFの3箇所どの線でもコンセントとしてつなげても良いのでしょうかの画像をすべて見る。

いつ来るか分からない27分のためにそういう状況のときはコンセント照明スイッチもしくはそこに必要ではなくなった照明を取り付けるためのVVFの3箇所どの線でもコンセントとしてつなげても良いのでしょうか準備をしているのがお客。電気工事。?VVF 2.0×3Cアース付の電線は本当に必要な箇所だけにすると良い
。コンセントが付近に必要になるし。常時通電なので出来れば余り目立たない
位置に欲しい。配線長を短くするために屋外からの引き込み点は分電盤の近く
が理想。CVTもしくはCV電線の赤丸部分の接続は東電がやるので電気工事
士は電線を這わせるだけ。つまり遠くても良い ?引込申込書はホームページ
からダウンロード出来るPDFでも良いし東電にあるカーボンコピーできる用紙
をアース線が必要な理由は何。これは電気製品を安全に利用するためには必要なものなんです。そもそもアース
って解説します。電子レンジ。洗濯機。冷蔵庫など。電源コードの先にある
コンセントを確認してみましょう。そこに緑色の線がつながっていればひとまず
は安心です。このようにアースが接続されていれば。万が一の場合でも人体に
電気が流れるのを防ぐことが出来ます。一旦は漏電が起こったが。同時に機器
自体が壊れて電気が遮断されたことにより漏電状態ではなくなった。

電気工事の回路について質問させてください。つまり。コンセントを新たに作りたいならスイッチの黒線を二股にして。照明
器具にささる前の白線を二股にする。勿論スイッチの手前で白線を二股にして
もダメじゃ有りませんが。球切れなどが起きた時通電されなくなったり。
コンセントに繋いだ物と連動してなら。スイッチ不要になればスイッチに
繋がってた線をコンセントに使えば?が違うところにいったら。
コンセントを作って。電源からきてるがボックスにあるからボックスの
中で繋げばいいだけ。

基本は、黒が100V白がΩこれを踏まえて、ブレーカーから黒の線を通ってスイッチにスイッチの白線から照明器具の黒線へ照明器具の白線からブレーカーの白線へつまり、コンセントを新たに作りたいならスイッチの黒線を二股にして、照明器具にささる前の白線を二股にする。この2本を持ってくれば、コンセントの出来上がりです。勿論スイッチの手前で白線を二股にしてもダメじゃ有りませんが、球切れなどが起きた時通電されなくなったり、コンセントに繋いだ物と連動して照明器具がついたりしますから、普通はやりません。スイッチをくぐした後に分けるとスイッチ有りきになっちゃうのでこれも普通やりません。コンセントから送りで持ってくるのは、何にも問題なく正常動作します。直列には何を、並列には何を繋げばという感じですね、将来、施工した家屋が火災にならないよう焦らずにじっくり勉強されて下さい。照明器具と、コンセントは並列につなぎます。つまり、照明器具の回路に、コンセントが入り込むことはありません。コンセントを増設するときは、質問者様の言われる通り、一番近くのコンセントからVVFを伸ばします。単独で20Aなりの容量が必要な場合は、ブレーカから引きます。「単相回路である必要はございません」この一文から判断しましたが、先走りは止めましょう。基礎知識の欠如です????先ずはきちんと基礎知識を身に付けてから考えれば簡単なことです。質問文自体が貴方の知識レベルを表しています。電気の基本を理解すれば質問の内容は解決いたします。小中学校で電気の基礎を習ったと思うのですが。豆電球とスイッチと乾電池で信号機や懐中電灯なんかを作りませんでしたか。乾電池の電源は直流で家庭の商用電源は交流ですが、考え方は直流も交流も同じです。交流を便宜上プラスとマイナスで説明するならばコンセントにはプラスとマイナスが来ています。スイッチには一般的にプラスだけが来ていてこれをスイッチで入り切りしています。照明器具はスイッチをくぐったプラスとスイッチをくぐらないマイナスが来ています。豆電球機器はプラスとマイナスがつながらないと電流が流れず点灯作動しません。電源に対して照明器具や家電は並列接続で動きます。電源に対して直列接続はスイッチのみです複線図をしっかりやって、YouTubeの実技動画をしっかり見ましょう。norさんの言う通りだと思いますよ。スイッチ→コンセントなんての無いです。あった場合、スイッチ切れば、扇風機止まります。テレビ切れますわね。そりゃ。スイッチは、器具に繋がるのが原則。その為のスイッチだから。照明がなくなれば、スイッチ自体もいらないよね?なら、スイッチ不要になればスイッチに繋がってた線VVFをコンセントに使えば?照明に使う予定の線を、コンセントにする、必要は無いよね。また、照明は変わらずありコンセントが違うところにいったら、コンセントVVFを作って、電源からきてるVVFがボックスにあるからボックスの中で繋げばいいだけ。実技試験問題を見た方が、わかりやすいかも。その問題で複線図描いてみて+は赤色。-は青色。で色付けてやると分かりやすいかも。実際、VVFのケーブルの中も黒と白で色着いてるし。3Cは、黒赤白ってあるし。実際にどんな回路なら成立するのか絵にしてみましょう。アタマの中で考えて、見落としている「馬鹿」に気が付ければ??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です